どうしても苦手なお客さんへの対処法

風俗で働いているとどうしても我慢できないようなことを言ってくる、してくるお客さんいるでしょう。どうしても我慢できないようなお客さんに対してはどのように対処するのがいいのでしょうか。ここでは最悪のお客さんへの対処について見ていきましょう。

嫌な人ばかりを接客して精神的にやられるまえに

いやだと思うお客さんばかりを接客しているとどうしても風俗嬢の仕事でよくあるのが精神的にやられてしまうことがあります。精神的にまいってしまってマイナスなことばかりを考えるようになり、これでは仕事にならないということもあるようです。追い込まれてしまう前にできること、それは自分が苦手だと思う人、生理的に受け付けないと思う人はNG指定にすればいいのです。指定することは十分に可能でしょう。

ほかの人に代わってもらうことも

風俗では始まってからその人がおかしいと気がついたときには代わってもらうことはなかなか難しいかもしれません。でも苦手だと気がついた場合には、その場でお客さんに伝えて、体調が少し優れないのでほかの人とチェンジしたいと嘘をついてでもいいので、我慢して接客をする必要はありません。我慢して接客をしたことによってメンタルがやられてしまって、その後仕事を続けられなくなったということもありますので、そうならないためにも自分の身は自分で早めに守るのです。

困ったお客さんの多くに共通していること

困ったお客さんの多くに共通していること、それは普段認めてもらうことがないとか、普段認めてもらっていないなど、そういった自信がない人が多いです。それが理由で風俗嬢に対して偉そうになったり困らせたりするのだとか。そのお客さんの背景を意識した上で優しい気持ちで対処する、これが大切かもしれません。

関連する記事